基礎知識

現金化業者の種類

現在のクレジットカード現金化業者の現金化方式は、主に以下の3種類となります。
以前は、キャッシュバック方式が主流でしたが、現在は買取方式が主流になりつつあります。
ごく少数ながら、キャンセル方式の業者も存在しますが、業者側のリスクが高いため、今後衰退していくと思われます。

1.買取方式

業者指定の商品をクレジットカードで購入し、業者に売却して現金に換える方法です。
以前は、業者が価値のない商品を販売し、その後買い戻すという方法が取られていましたが、価値のない商品の売買は、商取引とは認められずに、違法金融業者と認定され、業者が摘発されたケースがあります。
そのため、現在多く見られるのは、利用者がAmazonギフト券を購入し、それを業者が買い取るという方法が増えてきております。
Amazonギフト券は、期限付きの電子マネーということで、クレジットカード会社の規定の商品券等の金券類とは異なり、購入制限がありません。
また実際に価値のある商品の売買のため、安心安全にご利用できる現在おすすめの現金化方法です。

2.キャッシュバック方式

業者が自ら利用者に商品を販売し、購入特典としてキャッシュバックする方式です。
商品を買い戻す必要がなく、業者も利用者も手間が省けるシステムのため以前は主流でしたが、100円ショップの商品やCD-ROM等ほとんど価値のない商品販売のため、商取引が認められず、違法金融業者として摘発されたケースが発生しました。
そのため、キャッシュバック方式の業者は、現在買取方式に乗り換えている業者が増えております。
現在もキャッシュバック方式の業者は存在しますが、発覚した場合は、業者が摘発対象となりますので、現在ではあまりおすすめできない方法です。

3.キャンセル方式

業者が自ら利用者に商品を販売し、キャンセル処理をさせて、現金で返金する方法です。
本来クレジットカードの売り上げは、後日でも売上取消しができるため、クレジットカードでの売り上げ取消しをしなければなりません。
現金で返金する方法は、クレジットカード会社の加盟店規約違反となり、発覚すれば、業者側はすぐに加盟店契約解除となります。
また、業者側が用意したお店は、一般の消費者には実際には商品を販売してはおらず、売り上げの100%がキャンセルということになり、発覚した場合、業者側は言い逃れができなくなります。
そのため、商取引とは認められずに、違法金融業者として摘発される可能性が極めて高いと思われます。
このような方式の業者は、当サイトではおすすめできませんので、ご自身でご判断ください。

基礎知識

業者検索

店名などで検索できます

スマホサイトのご案内

スマートフォンからもクレジットカード現金化業者の比較ができます。下記QRコードをご利用ください。

QRコード

ご案内